税理士の平均年齢

佐倉市で税理士事務所を開業している若手税理士の中村裕史です。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

税理士の平均年齢ってどのくらいなの?

6月8日に税理士会成田支部の総会がありまして、その時に平成30年3月31日現在の成田支部の年代別・年齢別明細が出ました。

 最新の情報では、平均62.57歳となりました。やはり士業の平均年齢はどうしても高くなりやすいですね💦私は現在37歳ですので成田支部では若い方から10番以内となりそうです。ということで若手税理士と名乗っても大丈夫そうですね(;^_^A
逆に20代が1人という状況にびっくりしました(もう少しいるかと思いました💦)

顧問税理士は若い方がいいの?

私は税理士が若かろうが年配の方であろうがどちらでも構わないと感じています。もちろんそれぞれについてメリット・デメリットがありますし、お客様との相性もありますので、顧問契約をする前に実際に税理士の方と一回お会いするのがよいかと思います。

若手税理士のメリット・・・最新の税法知識が豊富・フットワークが軽い・ITを積極的に導入する
年配税理士のメリット・・・経験豊富

上記のメリットは一般的なものです。(年配の税理士の方でも最近の税法に精通していたり、フットワーク軽かったり、ITの知識が豊富な方もいらっしゃいます)

自分が税理士に何をして欲しいのか?を考えてみて、上記のメリットを享受したいなら、若手又は年配税理士を探してみてはいかがでしょうか。

若手税理士の探し方

上記のデータを見ていただいても40代以下の税理士を探すのは、全体の約25%ですので、なかなか出会うことも難しいです。簡単な方法としては、HPを作成している税理士事務所を探してみることです。(特に自身でHPを作成されている方)税理士法人の場合は、システムの担当者がいることがありますので、一概にはいえませんが💦
もし若い税理士を探している方は、HPで個人の税理士事務所をさがしてみてはいかがでしょうか。(佐倉市税理士だと数件しかありませんが💦)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です